飲食店

ミラノマガジン厳選!おすすめの豚足を紹介

豚足って豚独特の臭いがすごそう…

美味しい豚足を手間をかけずに食べたい!

コラーゲンたっぷりの豚足は美容食として中国や台湾ではよく食べられる食材。

しかし下処理が必要で、トロトロで柔らかい状態にするには長時間煮込まないといけません。

そこで、通販で購入できる美味しく調理済みの豚足をご紹介します!

美味しい豚足の選び方もご紹介するので、ご家庭で豚足料理に挑戦したい方も是非参考にご覧ください。

おすすめの豚足を紹介

館ヶ森高原豚 豚足

館ヶ森高原豚は、館ヶ森アーク牧場で飼育されているブランド豚です。

世界中の豚の生産家が生産性や合理性を重視した飼育を行う中で、希少な食味と品質を重視した飼育を徹底している豚です。

赤身の繊維が非常に繊細でコクがあり、豚特有の臭みはありません。

しまりが良く、非常にまろやかで甘味がありながらしつこくない脂身は一度食べたら病みつきになるでしょう。

そんな館ヶ森高原のおすすめ商品は「豚足」です。

醤油ベースのタレで長時間漬け込んだ豚足は、そのまま食べても美味しいですが、少し炙ると一層違った味わいを味わえるでしょう。

価格は1個367円です。

館ヶ森高原では、豚足の他にも様々な商品をご用意していますので、是非まとめがいしてみましょう

公式サイトはこちら

山将 沖縄豚足とろとろ煮

山将の沖縄県の豚肉を使用した豚足10本入り、送料無料・税込9800円です!

山将は沖縄グルメの中でも厳選したものを販売して、この豚足も購入した人が大満足できるよう、素材の豚足から厳選しています。

このような加工品では外国産の価格の安い豚足を使用する店も少なくはありません。

しかし、せっかく購入したのに、豚独特の臭いが気になる、骨ばかりで食べるところ少ない、毛が残ってる…となると台無しですよね。

山将では臭みの少なく、肉質が柔らかい沖縄県産の豚で、しかも1本あたりが200g以上の身がしっかりとついたものを選んで作っています。

毛の処理でも見落としがないように徹底しており、2度焼洗いをし、1本ずつ手でチェックしています。

味付けはあっさりとした醤油味。

とろとろになるまで、じっくりと仕込んだ豚足はそのままでも、アレンジ料理にしても最後まで美味しく食べられます。

初めて豚足を購入する場合でも失敗のないよう、温め方やアレンジレシピ付きの説明書も一緒

1本ずつ真空パックになっているので、必要な分だけを解凍して食べられます。

※季節によっては冷蔵での発送になります。

公式サイトはこちら

 

味付 豚足 ( とんそく ) 塩味 10本 + しょうゆ味 10本

国産の豚足を使用した、本場九州の豚足、塩味としょうゆ味がそれぞれ10本ずつ、合計20本セット、送料無料・税込4980円です。

こちらの商品を販売している前田家は、各種お肉やおつまみなどを販売しており、その中の1つに、今回ご紹介の岡部食品が製造する豚足があります。

骨から身がすぐに外れるぐらい長時間煮込まれているので、「豚足は食べるのがめんどくさい」というイメージとは無縁!

1本ずつ真空パックになっているので、食べたい分だけを温めて食べることができます。

温めは湯煎で3分、600Wのレンジで約1分で可能で、食べたい!と思ったときにすぐ準備ができます

味はしっかりとしているので焼酎や日本酒の肴としてとてもよく合う…とのことですので、是非1本目はお酒のアテとしてお楽しみください!

30度以下のお部屋であれば、常温保存も可能ですので、真夏以外なら冷蔵庫内のスペースを取られることもない所も嬉しいですね。

公式サイトはこちら

萬來 豚足2個入り

独特の臭みを取り除いたぷるぷる豚足、1袋2個入り送料別で税込432円です!

萬來は鹿児島豚やサツマイモを使った鹿児島グルメを扱うお店です。

こちらの豚足は鹿児島の豚を使用し、豚足独特の臭いが残らないよう、しっかりと下処理をしていることから、「豚足は臭いが苦手…という方にもおすすめしたい!」と書かれているほど、おすすめの逸品のようです。

鹿児島県は豚肉王国ともいわれており、生産数日本一、飼育頭数も日本一

複数のブランド豚があり、豚肉生産者のレベルが高い地域です。

そのような豚肉特産地の豚足を使用し、ぷるぷるの豚足1袋2個入りの小サイズから販売しています。

豚足は食べてみたいけど、一度にたくさん購入するのは心配…という方はこちらの商品から試してみてはいかがでしょう?

ただ配送方法は冷凍便となるので、送料無料となる3000円以上になるよう、他商品と組み合わせて購入するか、お得な3袋セットを3セット購入するとお得です!

※一部地域を除く3000円以上で送料無料になるキャンペーンは期間限定なようです。購入前に一度ご確認を!

公式サイトはこちら

 

豚足を選ぶときのポイント

豚足に馴染みのない地域では購入経験も少ないもの。

みかけても選び方がよくわからない…と思っていませんか?

以下の3つのポイントに注意して選んでみましょう!

身が白からクリーム色のものが良い

鮮度のいい豚足かどうかは、身の色で見分けることができます。

白っぽいもの、または白色に近いクリーム色のものがベスト

逆に変色している豚足は傷んでいる可能性があるので、選ばないようにしましょう。

毛の処理がきちんとされている

元々豚は短い毛が生えており、足の部分にも毛があります。

店頭に並ぶ前には処理されている場合が多いのですが、一部に毛が残っているなど、毛の処理が不十分のものは、毛の処理以外も含めて、手入れがきちんとされていない可能性があります。

実店舗で購入する時は表面をよく観察して購入。

通販では下処理について詳細な記述がある業者かどうか確認しましょう!

また、加熱処理をされている場合が多いですが、通販やよく食べられる地域では加熱前の生のものを販売していることも。

下処理は慣れないうちは大変なので、加熱処理したものがおすすめです!

表面に弾力と艶がある

新鮮な豚足は触った時に適度に弾力があり、表面に艶があります。

豚足はゼラチン質がたっぷりな部位で、コラーゲンが豊富!

美容にもとてもいい食材といわれています。

これを聞きましたらきっと、いい豚足の見た目のイメージがつきやすくなったのではないでしょうか?

-飲食店

Copyright© ミラノマガジン , 2022 All Rights Reserved.