飲食店

おすすめ蟹通販を紹介

当記事では、おすすめの蟹通販を比較およびご紹介します。

人生で一度は食べておきたい3社の蟹を味や大きさ・価格などで比較しているので、食べたい蟹が見つかります。

また、蟹通販を選ぶポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

おすすめ蟹通販を紹介

ここでは、おすすめ蟹通販を紹介していきます。

それぞれの特徴やおすすめポイントを説明していきます。

北海道 網走水産

「北海道 網走水産」は、北海道の網走地域で獲れた様々な蟹・魚介類などを販売しているオンラインショップです。

昭和51年創業の歴史ある水産で通販実績は30年以上ということもあり、傷みやすい蟹通販を熟知しています。

最新式の冷凍庫つきトラックで出荷するので、鮮度をたもったままご自宅においしい蟹が届くのが嬉しい魅力といえるでしょう。

ボリューム満点の鮮度の良い蟹を食べるなら「北海道 網走水産」がおすすめです。

蟹などのほかに、北海道産のじゃがいも・たまねぎ・メロン・ジンギスカンも販売されています。

北海道 網走水産では訳あり商品を安く販売しているので、運よく蟹が売られていれば安く手に入る可能性も。

また、食事する人数ごとに蟹の量が選べるので、どのくらい購入すればいいのかわからない方でも安心です。

北海道網走水産

公式サイトはこちら

飯坂冨士商店オンラインショップ

「飯坂富士商店オンラインショップ」は、北海道小樽(おたる)の海産物問屋です。

小樽の地で70年以上も海産物を取扱って販売している老舗で、商品企画から製造まですべて一貫して自社で行っている珍しい問屋になります。

海産物を入荷する前に必ずおいしいかどうか、身入りはどうかなどを見極めています。

これは70年という歴史があるからこそできるプロの技といえるでしょう。

公式サイトはこちら

かにまみれ

「かにまみれ」は、高品質の蟹を販売する蟹通販サイトです。

全ての海産物に対し、化学調味料・人工保存料などを使っていないので蟹本来の味わいが楽しめます。

また、わけあり商品を販売しておらず、全ての蟹の「身入り」「鮮度」「品種」「産地」「重量」すべてわけなしです。

表記質量すべてが食べられる蟹の量となっているので、購入する蟹を選びやすいのも特徴のひとつ

ボイルされた蟹だけでなく、生の蟹も販売されているので、蟹の調理も楽しめるでしょう。

また、先にお伝えした2社よりも、販売されている蟹の種類が多いので好みの蟹が見つかります。

公式サイトはこちら

蟹通販を選ぶときのポイント

ここでは、蟹通販を選ぶポイントを解説します。

どこもおいしく見える蟹通販だからこそ、選択は慎重にすると納得して購入可能です。

ぜひ参考にしてください。

蟹はボイルすると軽くなるので多めに買っておくべし

蟹はボイルすると質量が軽くなり、身は縮まるので多めに買っておくのがおすすめです。

蟹を食べるなら、できればたくさん食べたいのではありませんか?

ボリュームのある蟹だから1匹でいいや…と判断するのはやめましょう。

性質上、蟹は茹でると小さくなる傾向があるので、たくさん食べたい方ほど多めに購入しておくとおいしく長く蟹が楽しめます。

ぶっちゃけるとボイルすると蟹は最大30%質量が減るので、迷ったら多めのものを購入するといいでしょう。

重量に氷の重さが含まれていないかチェック

蟹の鮮度を保つために、通販では蟹に対して氷でコーティングします。

しかし、販売表記の質量はその氷も含まれた重さが掲載されていることが多いです。

そのため、記載されている質量をそのまま信じて購入すると、思っていたよりも食べる部分が少ない…といった不満が出ることも。

そこで、蟹をおいしくたくさん食べるために、必ず質量に氷の重さが含まれていないか確認してください。

WEBページに記載されていない場合は、お客様窓口などに電話をかけてしっかり聞いておくと安心です。

食べられない部位がたくさん入っていないかチェック

蟹通販では、食べられない部位(脚の先・殻・甲羅・爪など)も含まれて販売されています。

つまり、蟹を1杯・2杯…と杯単位で購入してしまうと、蟹の個数と比例して食べられない部位まで購入することに。

そのため、蟹の身を多くいただくために、購入するなら「1キログラムで1杯のカニ」を選びましょう。

食べる部分が多くあり、大変コスパが良いです。

身が詰まっている堅蟹を買うのがおすすめ

蟹を購入するなら、蟹の身が多く詰まっている「堅蟹」を選びましょう。

「堅蟹」とは、蟹の甲羅の中に身がどのくらい入っているかを示すランク(規格)です。

このランクは蟹が何回の脱皮をしたかによって変わり、脱皮した回数が多いほど身が詰まっていておいしいとされ、市場価値があがります。

ランクのレベルとしては、まだまだ身の詰まりに期待できない「若蟹」から、「若上蟹」→「若極上蟹」→最上級に身が詰まった「堅蟹」になります。

身の詰まった蟹なら大満足間違いなし!

ぜひ購入する際には、身の詰まった蟹を選んでください。

-飲食店

Copyright© ミラノマガジン , 2021 All Rights Reserved.