飲食店

ミラノマガジン厳選!おすすめのマグロを紹介

美味しいマグロになかなか出会えない

どれが美味しいのかがわからない

マグロは寿司店でも人気が高いネタの1つ。

家でも美味しいマグロを食べたいけれど、種類、状態(生or解凍)、部位など、どれを選んだらいいかわからない人も多いはず。

そこで美味しいマグロを買えるお店とマグロの選び方をご紹介します!

おすすめのマグロを紹介

キセキのマグロ 極上中トロ&極上赤身

キセキのマグロは、マグロの目利き名人である宮川輝雄が厳選した天然のインドマグロを販売しているサイトです。

宮川輝雄が目利き名人と呼ばれるのには、ワケがあります。

マグロは中を開けてみないとどんな味と質なのかはわかりません。だから、セリで買うときに中身がどんな状態かを想像しなければいけません。

そして、普通の仲卸は中を開ける前に卸すのが普通です。

ただ、宮川輝雄は自分でお店を持っているため、自分の買い付けたマグロを自分の五感をフルに使いマグロの中身を四十年近く自ら買い付けたマグロ中を確認し続けてきました。

これが他の仲卸しとは一線を画して、伝説の目利き職人と呼ばれる裏側なのです。

このサイトではこの宮川輝雄が仕入れたマグロしか取り扱いません。

驚異的な打率を誇るマグロの目利き職人の技を家庭にお届け致します。

最高級のインドマグロの品質を保つためには、まず、マイナス50度という徹底管理された冷凍庫で保存されます。

その後、職人の目利きにより買い付けを行い、全国のご家庭に届きます。

目利き名人の目利き方法は、主に3つの指標から成り立っており【身の照り】【油の粒子の細かさ】【赤みの硬さ柔らかさ】で決まります

上記の指標で仕入れたマグロこそ、キセキのマグロと呼ぶのにふさわしいでしょう。

そんなキセキのマグロのおすすめ商品は「極上中トロ&極上赤身」7,580円です。

トロトロの中トロと、ハリのある赤身が2〜4人前入ったセットとなっています。

口コミ

自分で買って食べてみて、あまりに美味しかったのでお世話になった方へお歳暮でお送りしました。

「トロけるように美味い!」とお礼のお手紙頂戴しました。喜んでいただけてギフトに良いですね!

特別な日や、年末年始の彩りとして是非お取り寄せしてみてください。

公式サイトはこちら

小田原さかなセンター まぐろや 天然本鮪

まぐろやは、蟹やマグロなど人気の海の幸を取り扱う小田原さかなセンターの中に入ってる小さな魚屋さんです。

そんな小田原さかなセンターには、オンラインショップがあり、市場で採れたての新鮮な魚を全国各地にお届けします。

発送までの時間は2〜3日と比較的早く、いますぐに美味しい海の幸が食べたい方にもおすすめと言えるでしょう!

発送までの対応が早いのはとっても助かるわね

そんな小田原さかなセンターでは、赤身と中トロがおすすめです。

特に赤身は、赤身の中でも希少部位とされる「天身」という部位をお届けします。

天身は、特上の赤身とも呼ばれる部位で鮪の味わいが最も濃い部位と言われていますよ

筋がなくまろやかな赤身と中トロを味わいたい方は、是非、小田原さかなセンターでお取り寄せをしてみてください。

公式サイトはこちら

だてまぐろ専門「鮪ノすし遊」 生本まぐろ刺身盛り

だてまぐろは、愛媛県産畜養のブランド本マグロです。

生産する福島和彦さんは、NHKの番組「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演したり、日本テレビの番組「1億3000万人のSHOWチャンネル」ではマグロの神様として紹介されるなど、福島さんの育てるだてまぐろはとても高い評価を得ています。

鮪のすし遊は、だてまぐろを水揚げから一度も冷凍していない新鮮な状態で、ご自宅にお届けする通販サイトです。

あまり知られていませんが、一度も冷凍されていない状態で市場に出回る本マグロは実は非常に少なく、スーパーに並ぶ本マグロの殆どが冷凍品と言われています。

これは、生の本マグロの扱いの難しさを示しており、生の状態で販売できる業者はごく一部です。

知らなかったわ!スーパーのものも冷凍されたマグロだったのね!

全体漁獲量のうち、水揚げ量がわずか2.5%と言われている希少な本マグロなので、是非この機会に味わってみましょう!

そんな鮪のすし遊おすすめの商品は「生本まぐろ刺身盛り400g」です。

水揚げされたばかりのだてまぐろの赤身と中トロを合計400g詰め合わせた商品なので、満足のいくまで鮪を食べられるでしょう。

価格は5,850円です、

公式サイトはこちら

水谷水産 生びんちょうまぐろ

水谷水産は、和歌山紀伊勝浦町の市場から毎日新鮮なマグロを仕入れているのオンラインショップです。

楽天の優良ショップに選ばれた実績もあり、多くの方から高い評価を得ています。

中でもおすすめの商品は「生びんちょうまぐろ」です。

びんちょうまぐろは、マグロの中では小ぶりな魚ですが、刺身はもちろん、マリネやカルパッチョ等様々な調理方法に適しています。

主婦としては調理方法が多い食材は嬉しいわぁ

水谷水産では、そんな生びんちょうまぐろが1kg入って3,980円送料無料で販売しています。

通常はブロックの状態で届きますが、ご希望に応じて柵にしてお届けすることも可能です。

是非、この機会にリーズナブルな価格で新鮮な生びんちょうまぐろを手に入れてください。

公式サイトはこちら

まぐろ処一条の本マグロ訳あり中トロ

まぐろ処一条はマグロを始めとした、海鮮ものを幅広く販売しており、ウニ、カニ、いくら、サーモン、鰤など販売しています。

お正月など特別な日にぴったりな商品から、お得に買える商品まで幅広く扱っているので、その時の目的にあったものを選びやすいです。

 

今回おすすめしたいのが、「本マグロ訳アリ中トロ」、送料無料の5980円(税込)です!

「トロを飽きるほど堪能したい…!」という方にピッタリの商品です。

気になるのが「どう」訳アリなのかですが、理由があって飲食店に卸せなくなったマグロだからお得に購入できるようです

例えば、カットする際マグロにヒビが入った・欠けてしまった、規格外の大きさにカットしてしまった、血合い・皮がついたまま、筋が多い部位など。

下処理が必要、お刺身に不向きな箇所(筋が多い所や血合いの所)が入ることはあるようなので、そこは注意が必要ですが、本間マグロの中トロが1キロも購入できるので、お刺身以外でも楽しめそうです。

公式サイトはこちら

さっぽろ朝市の高水 本マグロ

さっぽろ朝市は札幌中央卸売市場に隣接する市場で、もともとは専門業者専用でした。

市場が一般市民に開放されてからは、飲食店でも出されているような新鮮で品質の高い海産物を、卸値で買えるように!

 

ここでおすすめのマグロが、「本マグロ赤身 400g」6399円(税込)です。

一昔前では、「冷凍の魚なんて…」「やっぱり国産が1番」と言われることがありました。

しかし、冷凍技術の向上・輸送システムの向上により、海外の魚でも鮮度を保ちながら日本に輸入ができるようになりました。

高水では、スペインで品質管理しながら養殖された本マグロを輸入しているのですが、水揚げから48時間以内には日本に到着できるルートを確保しています。

過食部分のみになるよう、200g前後にカットしたものを2パックお届けです。

公式サイトはこちら

築地わだつみの国産生本マグロ

築地わだつみは冷凍していない生のマグロや、海鮮、肉の販売をしています。

産地で水揚げされたあと、すぐ築地に直送、すぐにカットして発送してくれるので、鮮度抜群!

配送時に旨味が損なわれないよう、対策をしっかりと行っているので、味が劣化することなく、家庭でも美味しい生マグロが食べられます。

 

1キロの大きなブロックでの販売もありますが、ご家庭でおすすめなのが、「国産生本マグロ中トロ・赤身柵セット」6900円(税込)です。

中トロと赤身が200gずつ、柵の状態になっているので、届いたらさっと切って食べられます。

冷凍マグロでは味わえない、生の本マグロだからこその、食感と旨味を味わいましょう!

公式サイトはこちら

 

マグロを選ぶときのポイント

どのマグロを購入しようか迷った時、参考にしていただきたいポイントをまとめました!

品種、部位、冷凍or冷蔵、3つのポイントからみてみましょう。

品種で選ぶ

本マグロは美味しくて高級なマグロとして認知されていますが、その他にも種類があります。

通販や飲食店、スーパーなどでよく見られるのは次の5種類。

それぞれの特徴を見てみましょう!

種類特徴
クロマグロマグロの中でも肉質は深く、脂質も多い。高級マグロ。
ミナミマグロ鉄分が多く、発色綺麗だが変色もしやすい。トロは甘味が強く、肉質もいい。
キハダマグロ関西で多く流通。ツナ缶の材料にも。脂質は少なく、あっさりしている。
メバチマグロ関東で多く流通。中トロ部位有。脂質は少なくあっさり目。
ビンナガマグロ加工用がメインだったが、脂がのった時期のものは生食でも美味しい(ビントロ)。

好きな部位で選ぶ

出典元:https://haramo-blog.com/food/home-cooked-meal/online-shopping-maguro-choose/#toc1

寿司屋さんに行くと、赤身、中トロ、大トロとあることが多いですが、牛肉や豚肉と同じようにマグロにも部位をわけて販売されており、味わいが変わります

複数の部位がセットになっている商品もあるので、食べ比べをしたい・どの部位か決められないという方にはおすすめです!

部位味の特徴
赤身高たんぱくな部位。身がしまっていて、脂質少な目で、あっさりしています。
中トロ場所により赤身と脂質のバランスが異なる。赤身・脂両方の良さを味わえる。
大トロ最も高級な部分。脂の旨味が絶品。脂の融点が低いので、口の中でもとろけます。
肉質がしっかりしていて、コラーゲンも豊富。そのままステーキに。
カマ1本のマグロからとれるのは2つのみ。筋肉量が多く身がしまっている部分。焼くと肉のような食感に。
カマトロカマの中でも特に脂がのっている部分。筋がない大トロのような箇所。
ほほ1本のマグロから2枚しかとれない。かなり新鮮でない限り加熱して食べる。焼くと柔らかいステーキのよう。

 

冷凍か冷蔵かで選ぶ

冷凍が冷蔵でもマグロの味が変わります。

冷凍マグロは水揚げ後すぐ急速冷凍されたもの、冷蔵庫マグロは水揚げ後一度も冷凍されていないものを指します。

一般的には生マグロの方が美味しいといわれていますが、最近では冷凍マグロだからといって美味しくないとはいえないようです。

 

冷凍マグロの注意点としては解凍の仕方です。

解凍方法に失敗すると、ドリップの原因となり、味が劣化していまします。

解凍方法はしっかりと確認しましょう。

 

生マグロの場合は、店選びが重要です。

仕入れや保管の際管理をしっかりしていない店、出荷の際品質が劣化しないよう対策をしていない店で購入すると、味が劣化したものが届く可能性があります。

生マグロを購入したい時は、このような点に注意して購入先を決めましょう。

 

-飲食店

Copyright© ミラノマガジン , 2022 All Rights Reserved.