飲食店

ミラノマガジン厳選!おすすめの馬刺しを紹介

新鮮で美味しい馬刺しを家で食べたい!

美味しい馬刺しはどこで買えばいいの?

特産地以外ではなかなか、新鮮で臭みのない馬刺しを食べるのは難しいもの。

なので新鮮な馬肉を家に届けてくれる通販はとてもおすすめ!

通販で買えるおすすめの馬刺し・馬肉と、選び方のポイントをお伝えいたします。

おすすめの馬刺しを紹介

伝食 馬刺しヘルシー上赤身

伝食の馬刺し250g入、送料無料で税込2499円です。

伝食では北海道産を始めとして新鮮な海産物を中心扱っていて、その中に馬刺しも含まれています。

こちらの馬刺しはカナダ産で、実は日本国内に流通する輸入馬肉の半分以上はカナダ産だそう!

国産の方が安心で美味しいのでは?と感じる人もいるかもしれません。

カナダのポブリー社が育てる馬は、ホルモン剤や抗生物質を使わず、生食用として育てられており、それを伝食は一頭買しています。

また無菌検査で合格したものしか日本国内に入ることができないため、安全安心のお肉なのです!

50gずつ小分けされているので、お酒のアテにちょっと食べたい時でも食べやすいのもうれしいポイント。

さらに、1袋あたりが小さいので、5分ほど流水解凍すれば食べられます。なので、「冷凍庫から冷蔵庫に出しておくの忘れてた!」ということがなく、食べたい時にすぐ解凍すればOKです!

商品は真空パックにされた状態で冷凍便で届けられ、冷凍庫で保存すれば1ヶ月日待ちいたします。

公式サイトはこちら

利他フーズ 熊本馬刺し贅沢5種 彩-いろどり-セット

次にご紹介するのは、利他フーズの熊本県産馬刺しで、いろんな部位が50gずつセットになった食べ比べセット、送料無料・税込5980円です。

馬刺しといっても部位はいろいろあります。

専門店以外の飲食店でもたまに赤身や霜降りの馬刺しを見かけることがありますが、このセットでは大トロ馬刺し、たてがみ刺し、馬ヒレも楽しめます!

専門店にいかないとなかなか注文できない部位が、お家で楽しめるのがこの商品のうれしいポイント。

餌にもこだわった熊本伝統の肥育方法で育てられている馬はストレスがなく、のびのびと育ち、その分肉質も極上の仕上がりになります。

注文を受けてから枝肉をカットして、真空パックにし、急速冷凍するため、新鮮さをキープできるうえ、馬肉ならではの菌対策も万全です。

こちらも小分けになっているので、食べたい分だけを解凍でき、いつでも新鮮な馬刺しを味わえます。…とはいえ5種類とも並べて食べ比べしたくなりそうですね。

公式サイトはこちら

 

若丸 馬刺しヘルシー赤身

最後は若丸の赤身のブロック600g、送料無料・税5780円です。

若丸は創業100周年を迎えた馬肉の専門店で、海外に提携牧場を複数もっています。

牛や豚によくあるような大量生産のための育て方ではなく、じっくり時間をかけ、のびのびと育てられているので、海外だからといって肉質がよくないということもありません。

その時に一番状態のいい馬肉を輸入し、カット、真空パックにして、お肉に負担をかけない超微粒子冷凍にて急速冷凍しています。

100gずつ小分けにしているのと、スライスされていない状態なので、お刺身以外の料理、例えば馬肉のローストビーフ、表面だけ焼き色がつくようにさっと焼いてごはんに乗せたさくら丼など、楽しみ方色々です!

冷凍庫で保存すれば2か月保管可能で、若丸オリジナルの馬刺しのたれがついているのもうれしいですね。

公式サイトはこちら

 

馬刺しを選ぶときのポイント

普段なかなか購入機会がない馬刺し。

先に紹介したように、スライスされているもの、いろんな部位がセットになっているもの、カットされずにブロックになっているものがあります。

どれを選べばいいかなど、購入の時に気をつけたいポイント3つをご紹介します。

スライスセットがお手軽に食べられる

手軽に食べたいなら、スライスセットがおすすめ!

スライス済みなので、解凍したらそのままお皿に出すだけで、豪華な一品になります。

商品によっては、様々な部位がセットになったお得なものがある点も魅力的です。

また、スライス済みはギフトにも最適

もらった方もカットの手間なく食べられ、しかも美味しく食べられる厚さにカットされているので、「せっかくの頂き物だけど、上手く切れなかった…」ということもありません。

がっつり食べたい時はブロックセット

馬刺しをがっつり食べたい!という時はブロックでの購入がおすすめです。

ブロックの方が量的にボリュームがあるだけでなく、肉質もカットのものより良い場合が多いです。

カットの手間がかかりますが、食材にこだわりがある、料理好きのお相手へのギフトにはブロックがぴったりでしょう。

配送方法で選ぶ

見落としなのが配送方法です。

冷蔵なのか冷凍なのか以外にも、真空パックにしてくれるなど、配送の間に品質が落ちないよう対策をしてくれている業者が適切です。

馬刺しは生で食べるものなので、いい加減な業者で購入するのは危険です。

価格や画像などだけでなく、配送方法、肉へのこだわり、菌対策の有無など、しっかり確認しましょう!

また、自宅に届いてからはすぐに冷凍庫にいれて保管。

食卓に並べた後、早めに食べるようにして、美味しい馬刺しを楽しみましょう!

-飲食店

Copyright© ミラノマガジン , 2022 All Rights Reserved.