飲食店

ミラノマガジン厳選!おすすめのカツオを紹介

  • カツオをお取り寄せしたいけれど、おすすめはある?
  • 購入時においしいカツオを選ぶ方法は?

旬の時期が春と秋の2回あるカツオ。

普段の食卓に登場することも多い身近な魚ですが、おいしいカツオを選ぶポイントをご存知でしょうか?

今回は、カツオの選び方からおすすめのお取り寄せ可能なカツオを紹介していきます。

おすすめのカツオを紹介

おすすめのカツオを幅広くそろえました。

早速チェックしていきましょう!

ニッコー 焼津港直送 刺身用カツオ1kg

鰹の水揚げ日本一の静岡県焼津市が販売する「刺身用カツオ1kg」

鮮度抜群のカツオであるため、嫌な生臭みはありません!

血合い、皮、骨とりずみであるため、まるごと食べられます。

手間がかからず、解凍するだけの手軽さも魅力的なポイント!

お刺身はもちろん、漬け丼やカルパッチョにアレンジしても美味しいですよ。

 

 

また、この商品は雌節と雄節のセット販売です。

雌節は、腹側の身で脂が多くコクがある味わい、雄節は背側の身で脂肪が少なくあっさりとした味わいです。

食べ比べしてもよし、それぞれの味わいに合わせて使い分けても良いでしょう。

公式サイトはこちら

珍味堂 戻り鰹の塩たたきセット

旬の戻り鰹を1年中楽しめる「戻り鰹の塩たたきセット」

秋に旬を迎えるカツオは戻り鰹と呼ばれます。

もっとも脂がのり、大トロと勘違いするほどのコッテリとした味わいですよ。

この商品は、そんな戻り鰹を収穫し、鮮度が落ちる前に瞬間冷凍したものです。

瞬間冷凍することで生のカツオに匹敵するほどの新鮮さをキープできるため、おいしい戻り鰹を1年中楽しめちゃいます。

そして、もう一つのおすすめポイントが付属された特製ゆずダレと塩!

特製ゆずダレは高知県産のゆずを用いたゆず酢をベースに調味料を調合し、カツオのおいしさをよりいっそう引き立ててくれます。

塩は、高知県室戸の海洋深層水を汲み上げ、ミネラル分を壊さないように低温製塩した塩たたきにぴったりのものです。

また、専用化粧箱に入れて届けらられるので大切な方への贈り物にもピッタリです。

公式サイトはこちら

アグリファーム高知 鰹のたたき約700g

水揚げされたばかりの厳選された生のカツオを味わえる「鰹のたたき約700g」

水揚げ後、鮮度が落ちる前に本場土佐の職人がさばき、たたきにします。

たたきの工程で用いる藁は国産のものです。

さっと炎が上がりすぐに消えることからカツオの表面だけを炙るたたきに最適。

口に入れた瞬間に広がる藁の香ばしい香りが抜群です!

そしてなんといってもこの商品の最大のポイントは冷凍せずに届けられること。

通常なら、加工後冷凍され発送されます。

しかしこの商品はたたきにした後、即発送されるのです!

高地に住む方でもなかなか味わえない、抜群の鮮度のカツオのたたきが食べられます。

抜群の鮮度と長年の経験で培われた技術で作られたカツオのたたきは他のたたきとは一味違いますよ。

カツオ好きの方には、召し上がっていただきたい一品です!

公式サイトはこちら

カツオを選ぶときのポイント

魚の鮮度をチェックする際は、目が澄んだものが良いということを聞いたことがある方も多いはず。

実はそれ以外にも、鮮度の良さを確認できる方法があります。

カツオを選ぶときにポイントとなるのは

  • 生臭さがないものが良い
  • 触ると弾力があるものが新鮮
  • 背びれの周りがざらざらしているものを選ぶ

それでは各ポイントを詳しく解説していきましょう。

生臭さがないものが良い

カツオが嫌いな人は、カツオ=生臭いものといったイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

カツオは薬味と一緒に食べることが多いため、カツオが臭いのは仕方ないと思い込んでいる方も多いです。

しかし、それは大きな間違いです!

鮮度が良く、上等なカツオは生臭さはありません。

生臭いものは、単に悪いカツオであるため避けた方がよいでしょう。

触ると弾力があるものが新鮮

裁いていない状態のカツオで良いものを見極めるポイントは「腹・体を触ると弾力があるもの」です。

水揚げしてから時間が経つにつれ、内臓が腐っていくことで腹の部分から弾力がなくなっていきます。

そして体全体の弾力がなくなっていきます。

指で触ったときに身に弾力があり、指を押し返すような反発力のあるものが新鮮な証拠です。

カツオは傷みやすい魚なので、鮮度が良いものを買った場合もすぐに下処理を行ってください。

保管する際は、空気に触れないように注意が必要です。

背びれの周りがざらざらしているものを選ぶ

カツオの背中を触ったときに「背びれの周りがざらざらしているもの」が鮮度の良いポイントです。

ただし、水揚げ時の扱いによって変化するため一括りに言えません。

そこで、背中のざらつきを確認する時に合わせて背中の色もチェックしましょう。

鮮度の良いカツオは、背中に青色の線が見えます。

鮮度が落ちることで青色はなくなり、黒く変化します。

よって、背中にざらつきがあり、かつ青色の線が見えるものが鮮度の良いカツオを見極めるポイントです。

-飲食店

Copyright© ミラノマガジン , 2022 All Rights Reserved.