飲食店

ミラノマガジン厳選!おすすめのマンゴーを紹介

  • おすすめのマンゴーを取り扱う通販サイトはどこ?
  • どんなマンゴーがおいしいの?

南国の香りと甘み、そしてなめらかな口当たりで人気のマンゴー。

しかし、リンゴやミカンと比べるとまだまだなじみが薄いのが現実・・・。

マンゴーに対する知識が少ない方が多いのではないでしょうか?

そこで、今回は本当においしいマンゴーを選ぶポイントやおすすめの通販サイトを紹介!

マンゴーを購入する際に参考にしてみてくださいね。

おすすめのマンゴーを紹介

おすすめの通販サイトの特徴を紹介していきます。

あなたが求めていたマンゴーが見つかるかも!

琉球マルシェ 宮古島キーツマンゴー甘濃

琉球マルシェは、沖縄の名産品を取り扱うネットショップです。

自宅時間の多い昨今で、気軽に沖縄の名産品を手に入れられるサイトなので、是非一度覗いてみてください。

中でもおすすめの商品は、幻の緑のマンゴーと呼ばれる「宮古島キーツマンゴー甘濃」です。

宮古島キーツマンゴー甘濃の特徴は、なんと言ってもその大きさ。

1つで1キロ近くもあり、スーパーなどで販売されているマンゴーとは一線を画します。

その味は「フルーツというよりスイーツ」と言われるほど甘く、チーズケーキのような濃厚さと甘さを兼ね備えているそうです。

また、農薬を使わないと栽培が難しいマンゴーですが、宮古島キーツマンゴー甘濃は研究を重ね、超減農薬で栽培されています。

興味のある方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

公式サイトはこちら

産直だより 完熟マンゴー 太陽のタマゴ

JA宮崎中央から産地直送で送られる太陽のタマゴ

JA宮崎中央がある場所は、冬でも温暖な気候と長い日照時間を生かした施設園芸。

マンゴーの質の評価が高く、日本最大級の出荷量を誇ります。

そんな豊かな地域で作られた太陽のタマゴは、超極上果実。

トロピカルで濃厚な甘みは、一度食べたら忘れられません。

実は、太陽のタマゴは厳しい認証基準があります。

商品ブランド認定基準

  1. 自然に落下するまで樹上で完熟させた、味に食感・外観の優れた果実。
  2. 経済連が定める県統一基準を満たす果実
    品位:「青秀」以上
    階級:「2L」以上
    糖度:「15度」以上

商品ブランド産地認定基準

  1. 部会組織が確立していること
  2. 産地規模がおおむね14ha以上であること
  3. 計画的な生産・出荷を行っていること
  4. 品質管理・検査体制・クレーム処理等の出荷体制が確立していること

「産直だより」のお客様向けに厳しい審査に合格した宮崎中央×産直だよりの限定商品です。

旬の最盛期のお届けされる太陽のタマゴをご賞味ください。

公式サイトはこちら

【ふるさと納税】宮崎県産 訳ありマンゴー 1kg

数量限定で取り扱われる【ふるさと納税】宮崎県産 訳ありマンゴー 1kg。

南国宮崎の太陽の恵みをいっぱいに浴びたマンゴーです!

  • 特有の甘い香りに、濃厚な甘みが特徴
  • やわらか食感の完熟した果肉にたっぷりの果汁!
  • そのままはもちろん、冷凍でシャーベットにしてもお菓子の材料にもピッタリ♪

訳ありといっても、味や香りは通常品と同等です。

では、どんな訳があるの?
果皮に傷や黒い斑点、形が不均等、色のりが悪いなどの外観が理由で一般流通の規格から外れてしまったという訳があるのです。

ギフト用には向きませんが、家庭で食べる分には十分ですね。

お得に食べられるこの機会を逃さずに、南国宮崎の太陽の恵みがたっぷり詰まった、「宮崎県産マンゴー」をGETしましょう!

公式サイトはこちら

琉宮青果 マムアンディップ

スーパーでは見たことがないマムアンディップを取り扱っているのが、琉球青果です。

マムアンディップって何?
熟していない青切りマンゴーのことです!

食べたことのある完熟マンゴーとはまた違うおいしさですよ。

クエン酸たっぷりで味が濃く、病みつきになります。

琉球青果のある沖縄県は年間を通して10度以上と比較的暖かい気候。

加温をせずにゆっくりとマンゴーを育てるため、他の産地のマンゴーよりもくどさのない上品な甘みのマンゴーに育ちます。

マムアンディップ以外にもおいしい完熟マンゴーを多く取り扱っているので合わせてチェックしましょう!

公式サイトはこちら

マンゴーを選ぶときのポイント

マンゴーを選ぶ際にチェックして頂きたい3つのポイント

  • 旬を楽しみたいなら国産がおすすめ
  • 安い方が良いなら外国産
  • 自分好みの品種で選ぶ

各項目を詳しくみていきましょう!

旬を楽しみたいなら国産がおすすめ

旬のおいしさを楽しみたい方は、国産のマンゴーがおすすめ。

国産マンゴーといえば宮崎県が有名ですが、沖縄・鹿児島・熊本なども栽培しています。

ブランド化されたマンゴーもあり、高級感抜群なので贈答品にはぴったりですね。

また、産地直送している取扱店で購入するとより新鮮なマンゴーを手に入れることが出来ますよ。

安い方が良いなら外国産

自宅で普段のデザートやおやつとして食べるのであれば、価格も重要ですよね。

それならば外国産のマンゴーがおすすめです。

ただし、品質は国産のマンゴーと比較すると劣ります。

なぜならば、1番おいしいタイミングで収穫される国産マンゴーとは違い、外国産のマンゴーは未熟なものを採って輸送され、輸送の間に熟すため。

産マンゴーと比較すると劣るだけであって、決してまずいという訳ではありませんのでご安心を!

自分好みの品種で選ぶ

マンゴーの味を決めるのは品種です。

品種ごとの特徴はこちら!

  • アップルマンゴー:濃厚な甘みと香りのベーシックなマンゴー。
  • キーツマンゴー:深い甘みで熟しても赤くならず緑色のままの珍しい品種。
  • ペリカンマンゴー:甘いだけではなく、酸味が感じられる味わい。
  • アルフォンソ:糖度が高く、芳醇な香りからマンゴーの王様とも呼ばれる。最も質が高く高級な品種。

マンゴーといっても品種によって味は様々。

お好みのマンゴーを見つけてくださいね!

-飲食店

Copyright© ミラノマガジン , 2022 All Rights Reserved.