飲食店

ミラノマガジン厳選!おすすめのブルーベリーを紹介

  • おいしいブルーベリーの見極めかたを知りたい!
  • おすすめのブルーベリーが知りたい!

今回は、ブルーベリーに焦点を絞ってまとめました。

おすすめの通販サイトや、おいしいブルーベリーの選び方をまとめています。

ブルーベリーの購入前に必見の情報をまとめたので、是非チェックしてみてくださいね。

おすすめの ブルーベリーを紹介

まずご紹介したいのが、おすすめのブルーベリーを取り扱う通販サイト

通販サイトならではのこだわりのブルーベリーばかりですよ。

次に、各通販サイトの紹介をしていきます。

わらいみらい 国産ブルーベリー

わらいみらいは、様々な産地の新鮮なフルーツを扱っているネットショップです。

中でもおすすめな商品は、長野県産の新鮮なブルーベリーが700gも入った商品です。

長野県はブルーベリーの生産量ナンバー1としても知られる名産地で、昼夜の寒暖差の激しいこの土地では、甘く身の詰まったブルーベリーが収穫されます。

ブルーベリーには様々な健康効果が期待でき、昨今ではスーパーフードとしても注目されています。

下記に、ブルーベリーの効果をまとめましたので、是非参考にしてください。

ブルーベリーの健康効果

  • 生活習慣病予防効果
  • 目の健康維持
  • 整腸作用
  • 抗インフルエンザ
  • 認知機能の改善
  • がん予防
  • アンチエイジング

上記のように、様々な分野で高い効果があるブルーベリーですが、上記の効果を得る為には1日あたり80gの摂取が必要とされています。

1日に必要な摂取量を全くとれていないわ!

わらいみらいのブルーベリーは、700gもの新鮮なブルーベリーが冷凍されて届きますので、是非この機会に購入してみましょう。

公式サイトはこちら

みらなモール 冷凍ブルーベリー

寒暖の差がはっきりしていて、霊峰月山からの豊富な雪解け水が流れ込む最適な土壌環境で大切に育てられたブルーベリー。

濃い紫色に色づいた食べごろの実を一粒ずつ丁寧に手摘みしたあと、急速冷凍しました。

おいしさや栄養素をギュっと閉じ込めたブルーベリーは、今まで食べたことのあるブルーベリーをは一味違うかも!

お届けされる状態が冷凍なので、使いたいときに使いたい量を自分で調整し解凍できます。

そのままトッピングとして使うも良し、スムージーやジャムに加工してもGOOD!

次に、購入者のレビューを紹介していきます。

  • 粒は不揃いですが甘くて私は好きです。
  • 此方のブルーベリーは粒が大きく冷凍なのでリピしてます。
  • 大きめの粒で甘くて美味しいです。ヨーグルトに入れて食べてます。
    冷凍で保存できるので、果物を切らしたときにもあると便利です。
  • 低農薬栽培で安心安全です。
リアルな評価もばっちりで、味の保証付き!

公式サイトはこちら

楽天農業 100%オーガニック 冷凍有機ブルーベリー

楽天のブルーベリー部門、デイリーランキングで第一位を獲得した経験のある冷凍有機ブルーベリー。

カナダの大自然の中で育った、2年に1度しか収穫されない希少な「ワイルドブルーベリー」を、自然の風味そのままに冷凍しています。

甘さを感じつつもほのかな酸味がある味わい。

お子様にも食べやすくおすすめです。

そのままおやつとして、ヨーグルトやアイスのトッピング、スムージーなど様々な用途に使えます。

また、保存袋はチャック付きなので保存に便利なところも魅力的なポイント!

次に、購入者のレビューを紹介していきます。

  • 粒はたしかに小さいけど、しっかりと甘みもありそのままで美味しいです。
  • 無農薬と大容量に惹かれて購入。子どもたちの大好きなおやつです。凍ったまま、アイス感覚で頬張っています。
  • 安心のオーガニック、粒も大きすぎず小さすぎず食べやすいです。
希少な「ワイルドブルーベリー」を、存分に味わい尽くせる楽天農業は購入の価値有り!

公式サイトはこちら

カークランド ブルーベリー

健康のためにも、フルーツを毎日採りたいという人は多いですよね!

しかし、食べきれず傷ませてしまう、値段が高い、などの理由で躊躇していませんか?

そんな悩みをまとめて吹き飛ばしてくれるのが「カークランド ブルーベリー」

冷凍なので保存期間も長く、比較的安価で購入できます。

カークランドって何?と思ったあなた。

カークランドとはコストコが自社内で手がけている商品を指します。

高品質&低価格でコスパ優秀な商品ばかりです。

コストコに行ったことのある方は、なじみのあるプライベートブランドですね。

購入者の口コミはこちら。

  • ボリュームたっぷりで、ブルーベリーの実もしっかりしており、大満足です!
  • 大容量で味もよく、スムージー作りにぴったりでした!
  • 毎日 妻がヨーグルトに入れて食べてるので、この値段で、このたっぷりの量は最高ですね。
コスパの良いブルーベリーはカークランドのブルーベリーでしょう!

公式サイトはこちら

ブルーベリーを選ぶときのポイント

ブルーベリーにはアントシアニンが多く含まれ

  • 眼球疲労の緩和
  • 血中コレステロールのケア
  • 血管の強化

など書ききれないほどの効果があり、是非とも摂取したいフルーツ。

そんなブルーベリー、選ぶポイントを紹介していきますね。

品種で選ぶ

主に食べられているブルーベリーは2種類で、カルチベイト種とワイルド種です。

【カルチベイト種】粒が大きく、果肉は白色で、水分が多いのが特徴。
【ワイルド種】果肉まで赤みがあり、色鮮やかで加工用やドライフルーツにされる

生のままブルーベリー単体で味わいたい方はカルチベイト産、加工用にブルーベリーを使いたい方はワイルド種がおすすめです。

加工されているかどうかで選ぶ

ブルーベリーを生で食べたい場合は生の状態で届くものが断然おすすめです。

冷凍されていないブルーベリーは本来の瑞々しさを味わえます。

利便性で選ぶのであれば、冷凍のものがおすすめです。

そのまま食べても美味しく、加工してもOK!

必要な分だけ食べられるので無駄なくブルーベリーを食べられます。

その他に、ドライ状のものも。

水分が抜けているため味が凝縮され、満足感はバッチリですよ。

また、水気がないので焼き菓子やパンに加えるとべたつかずおいしく仕上がります!

産地で選ぶ

国産のもの以外に、多くのブルーベリーの原産地であるアメリカやカナダ、チリ産のものがあります。

自生しているワイルド種は、原産地でしか採れません。

ワイルド種の場合は、特に産地にこだわって購入した方が良いでしょう。

-飲食店

Copyright© ミラノマガジン , 2022 All Rights Reserved.