飲食店

ミラノマガジン厳選!おすすめのキウイを紹介

  • おいしいキウイはどこで購入できる?
  • おいしいキウイの見分け方は?

キウイはビタミンが豊富なうえ、食物繊維やカリウムなど、私たちに必要な栄養素がギュっと詰まっています。

毎日の食事に取り入れたいキウイですが、購入時になんとなくで選んではいませんか?

そのために今回は、おすすめの購入先やキウイを選ぶ時のポイントを紹介します。

是非参考にしてくださいね!

おすすめのキウイを紹介

おすすめの取り扱いサイトを紹介します。

各サイトによって取り扱っているキウイの特徴が異なります

自分好みのキウイを探してみましょう!

ヒャクマス 農薬化学肥料不使用 まるかじりキウイフルーツ

ヒャクマスのまるかじりキウイフルーツは、農薬や化学肥料を一切使用していない完全無農薬のキウイです。

一般に流通しているキウイフルーツの、殆どが農薬や化学肥料を使用して栽培されています。

これは、キウイへ化学肥料を使用すると生育が良くなると言うメリットが挙げられますが、その一方で病害虫への弱さや、味の品質の低下に繋がります。

しかし、ヒャクマスでは独自の技法により、自然に限りなく近い状態で栄養価と品質の高いキウイを栽培しているのです。

無農薬なので、皮ごと召し上がることもできるんですよ
皮の部分の栄養素って高いものね!食べられるのは嬉しいわ

価格は1玉あたり80g〜100gのキウイが9玉入って1,600円です。

公式サイトはこちら

ゼスプリ インターナショナル ジャパン サンゴールドキウイ

ゼスプリのキウイはスーパーでも取り扱われているので見たことがある方も多くいると思います。

そのゼスプリが長い年月をかけて開発した「サンゴールドキウイ」

外皮は毛が薄く俵型で、果肉はフレッシュな黄色です。

味わいは酸味が少なく、とても甘く驚くほどトロピカルです。

糖度を測定すると、実測値16.3度!

日持ちが良いこともおすすめのポイントです。

グリーンキウイとの違いは?
グリーンキウイとの大きな違いは、酸味が少ない点です。

また、ビタミン含有量もゴールドキウイの方が多い傾向があります。

キウイの酸味が苦手な方や小さなお子様に特におすすめです。

公式サイトはこちら

京の老舗の果物屋 鳥羽伊三 キウイフルーツ

京の老舗の果物屋 鳥羽伊三 キウイフルーツは爽やかな酸味と甘みでそのままはもちろん、サラダに加えてもGOOD!

最近ではキウイフルーツをお酒やジュースに入れて飲む方も。

キウイフルーツのとろける食感が絶品のようです。

さまざまな食べ方があるので、飽きずに毎日続けられますね!

京の老舗の果物屋鳥羽伊三のキウイフルーツは約4㎏(40個前後)で2,246円 (税込)です。

その安さの秘密は、訳ありの規格外サイズだから!

80~120g前後/1個でバラつきがあるようです。

小ぶりではあるが、おいしいとの口コミもあったので、コスパが良く毎日食べる方におすすめです。

公式サイトはこちら

くらし快援隊 ゼスプリ ”グリーンキウイ”

甘みと酸味のバランスが抜群のグリーンキウイを取り扱う暮らし快援隊。

日本で最も普及している品種の一つグリーンキウイ。

グリーンキウイは酸っぱいというイメージをお持ちではないでしょうか?

実は、そのイメージは昔のグリーンキウイに対するもので、現在のグリーンキウイは品種改良されています。

そのため濃厚な甘みも感じられつつ、爽やかな酸味もあります。

ゴールドキウイは甘さが強く物足りない・・・なんて方にはぴったりですよ!

キウイのトップブランド「ゼスプリ」が作るグリーンキウイ(品種:ヘイワード)。

栽培技術が最も確立しており、味にブレがなく安定のおいしさを感じることが出来ます。

糖度を基準に収穫されているので、ハズレが混ざっていた!なんてことがないことも嬉しいポイント!

おいしいグリーンキウイで健康習慣を始めましょう。

公式サイトはこちら

キウイを選ぶときのポイント

  • せっかく食べるのであれば自分好みのものを食べたい!
  • スムージーやジャムの加工品に使いたい!

など目的によっておすすめのキウイは異なります。

あなたにぴったりのキウイを選ぶポイント3点を見ていきましょう。

好みの味に合わせて選ぶ

キウイの品種によって味の特徴がことなります。

酸味が苦手で甘みのあるキウイが食べたい方におすすめは「ゴールドキウイ」

中身が黄色でやわらかくなめらか、外皮はグリーンキウイより毛じ(もうじ)が少ない品種です。

ゴールドキウイは日本人向けに開発された品種です。

日本人がおいしいと感じやすい、酸味の弱く甘みの強い味わいに改良されてあります。

キウイが苦手な方もチャレンジしやすいかもしれません。

似たものに「サンゴールドキウイ」がありますが、ゴールドキウイの木には虫が付きやすいために新たに開発されたものです。

ゴールドキウイとの大きな違いは形です。

サンゴールドキウイは俵型で先端が丸みを帯びています。

こちらもゴールドキウイ同様で、甘みが強いのでキウイの酸っぱさが苦手な方におすすめですよ。

次に、キウイ特有のさわやかな甘酸っぱい味が好きなかたにおすすめは「グリーンキウイ」

フレッシュで酸味と甘みのバランスが抜群の味わいが特徴です。

未熟なものは硬くて、酸っぱく感じることも。

追熟させてから食べたり、ジャムに加工して食べるのがおすすめですよ。

新しい品種で「スイートグリーンキウイ」という品種もあります。

ゴールドキウイとグリーンキウイの各キウイの良いとこどりの品種です。

形は俵型で、果肉の色は薄緑色です。

グリーンキウイでありながら、印象が変わる爽やかな甘さが特徴。

各キウイを食べ比べてみると味の違いに驚くかもしれませんね。

栽培方法や生産地で選ぶ

品質にこだわる場合は、希少なオーガニックキウイや国産がおすすめ。

農薬や化学肥料を使わずに作られた、オーガニックのキウイがあり、ネットでの販売が主流になっています。

健康のためならば、価格は高価であっても品質の良いものを探している方にぴったりですね。

しかし、国産キウイは旬の時期が短いうえに、栽培地域も少ないのでなかなか入手しにくいのが現実です。

大量消費には訳ありも検討しよう

スムージーなどの加工品にしてたくさん食べるという人には、訳あり商品が断然おすすめ!

訳ありといっても、サイズにばらつきのある物や見た目に問題があるものなど味には問題がないものがほとんど。

訳あり品でコスパの良いキウイをGETしましょう!

-飲食店

Copyright© ミラノマガジン , 2022 All Rights Reserved.