飲食店

ミラノマガジン厳選!おすすめのあんこを紹介

お菓子作りに美味しいあんこが欲しい

手軽に美味しいあんこを食べたい!

和菓子に欠かせないあんこ。

今では洋菓子にも使われ、和洋折衷の美味しいお菓子がたくさん!

今回は通販で購入できるおすすめのあんこ3つと、あんこの選び方のポイントをご紹介します。

 

おすすめのあんこを紹介

茜丸 あんこ 選べるセット 詰め合わせ 3種類 1.5kg

好きなあんこを3種類選べるセット、送料無料・税込2000円です。

「豆一筋、あん一筋」の大阪の老舗どらやき・あんこ屋の商品です。

小豆など素材の味を引き立てることを考えて、他メーカーと比較して、砂糖を控えた低糖度のあんこを作っています。

選べるあんこは全部で28種類も!

定番のつぶあん・こしあん・しろあん以外に季節限定のあんこもあります。

ずんだあんや抹茶あん、さらにいちごあん、京玉露茶あん、低糖質つぶあん、レモンあんなど、他ではあまり見かけないあんこもあるので、選ぶのに迷ってしまいそうです。

公式サイトには各あんこの糖度が明記されているので、レビューだけで甘さがどれぐらいかわかりにくいと感じた時は参考にしましょう。

糖度が低めなので、日持ちも少し短めですので、開封したら早めに食べきってしまいましょう。

公式サイトはこちら

 

あんこ 約1kg

希少品種の小豆を使ったあんこ450g×2パック、送料無料・税込1980円です。

こむぎ庵では鯛焼きも販売しているのですが、この鯛焼きのあんこがとても好評で、あんこのみの販売も始めた経緯があります。

北海道十勝産の小豆を使用しているメーカーは多いですが、こちらは希少品種の「北ロマン」のみを使用

特徴として粒が大きく、ふっくらとしていることポリフェノール含量が多いことが挙げられ、有名な和菓子店でも高級スイーツに使用しているそうです。

鯛焼き用に開発されたあんこですが、もちろんおはぎやおしるこにもぴったりですし、トーストにバターと一緒に載せて食べるのもおすすめ!

つぶあんとこしあん両方があり、それぞれ1パックずつ購入もできるので、初めての人は両方を食べ比べをするのもいいかもしれませんね。

レビューを見てみると、「ほっくりとした餡で美味しかった」「好みのあんこに出会えた」「優しい甘さでたべやすい」など、小豆の味を生かした甘さのようです。

商品名に約1kgとあるように、実際には1パックあたり多めに入っていて2袋合わせて960g前後です。

公式サイトはこちら

 

あんこ 老舗あんこ屋の味「試してみてセット」

2種類のあんこのセット、送料無料・税込1000円です。

こしあん・つぶあん・しろあん・ゆであずきの4種類から好きなのも2個選べます

(※ゆであずきは1個まで。)

ゆであずきは一番糖度が低く、小倉あんに炊き上げています。

柔らかく、あん玉にはできないので、トーストなどに塗る、ホットケーキや白玉のトッピングにおすすめ!

その他のあんこも糖度が52~53度で、甘さ控えめの、素材の味を感じられるあんこです。

こちらはお試し商品で、他に桜あんなど季節のあんこも製造しています。

美味しい!と感じたら他のあんこも是非お試しください。

公式サイトはこちら

 

あんこを選ぶときのポイント

あんこ選びのポイントはあんこの材料こしあんorつぶあん甘さですの3つです。

手作りのパフェに添えたり、和菓子作りを楽しんだり。

たくさんあるあんこの中からぴったりのあんこを選ぶ参考にご覧ください。

材料の種類で選ぶ

小豆からできたあんこ以外にもたくさんのあんこがあります。

例えば、上生菓子などで見られる白あんは白いんげん豆から作られたもの。

小豆のあんこよりも上品な甘さで、フルーツ大福にもよく使われています。

この白あんに抹茶を混ぜると抹茶あん、白みそを混ぜるとみそあん、卵黄を混ぜると黄身あん、柚子を混ぜると柚子あんになり、様々なあんこにできます。

 

豆は豆でも、ビールのおつまみの定番である枝豆からできたずんだあん、青えんどう豆からできたうぐいすあん

サツマイモや栗からできたあんこもあります!

味や季節を考えて選びましょう。

つぶあんかこしあんかで選ぶ

あんこと言えば小豆から作られたものがメジャーですよね。

さらにつぶあんこしあんがあり、それぞれの美味しさがあります。

皮が苦手という人も多い粒あんですが、つぶあんを濾したらこしあんになる…ではなく、作り方がそもそも違います。

 

つぶあんは小豆をつぶさないように煮て作られ、小豆の風味がより強く感じられます。

 

一方、こしあんは小豆をつぶしながら煮て、さらに裏ごしをして滑らかな口当たりに

ちなみ裏ごししないものを「つぶしあん」と呼びます。

 

甘さで選ぶ

同じ小豆のあんこでも、メーカーにより甘さが違います

甘さ控えめがいい、他の材料と混ぜるので甘めのあんこがいいなど、好みやその時の用途で選ぶとよいでしょう。

菓子材料の通販サイトなどでは、糖度を記載していたり、チャートで甘さの比較をしていたりするので、そちらも参考にするとわかりやすいです。

-飲食店

Copyright© ミラノマガジン , 2022 All Rights Reserved.