グルメ通販

ミラノマガジン厳選!おすすめうに通販を紹介

  • うにを買いたいけれどおすすめの通販サイトは?
  • 通販でうにを選ぶポイントはある?

うにを通販で購入したことがない方にも、ある方にもお得な情報をお伝えします。

購入前に要チェックです。

おすすめうに通販を紹介

うにを通販で購入する場合、おすすめのサイトはあるの?
おすすめは3つあります。

  • 網走水産
  • 飯坂冨士商店オンラインストア
  • 北海道 北釧水産

それぞれの特徴を見ていきましょう!

網走水産

うに

北海道網走水産は30年以上の通信販売実績があります。

産地直送で新鮮なうにを全国にお届けしています。

特におすすめは特上生うに

そのまま食べてもOK、お寿司のネタにも、海鮮丼にもばっちりです。

その他にも、うに関連でおすすめの商品がたくさんあります。

  • うにとほたてを合わせた香ばしい風味が特徴のウうにほたて
  • 礼文の利尻昆布を食べてすくすくと育った礼文産の粒うに
  • そしてうに、イクラ、アワビがすべてセットになっている海鮮ぶっかけ丼

ぜひご賞味ください!

参考:https://www.suisanbazar.co.jp/

飯坂冨士商店オンラインストア

小樽産塩水生うに

海産物問屋を、北海道小樽の地で70年営んでいる老舗です。

長年の経験をもとに目利きし、必ず試食し、納得できないものは買わないというこだわりっぷり!

そんな飯坂冨士商店オンラインストアでおすすめは「小樽産塩水生うに」です。

現在、赤うに(エゾバフンウニ)と白うに(キタムラサキウニ)販売を行っております。

どちらも食べたい方には、セット販売もありますよ

参考:https://iisakafuji.online/

北海道 北釧水産

エゾバフンウニ

蟹の専門店でありますが、蟹以外のものも目利きは逸品!

目利きもさることながら、北海道の生産者との繋がりを大切にしているお店でもあります。

販売するだけではなく、生産者と消費者のかけはしになれるような販売の仕方をモットーにされています。

地元に根付き、信頼関係の結ばれた間柄だからこそ生産者こだわりの逸品を取り扱えるのではないでしょうか。

販売されているうにの種類は、初夏から夏は利尻のえぞばふんうに、キタムラサキウニが中心です。

秋から春は北方四島産のエゾバフンウニを中心に販売しています。

その中でも、一番きれいな色の甘い生ウニだけを選りすぐり販売しています。

参考:https://www.hokusen.co.jp/

うに通販を選ぶときのポイント

うにを通販で購入する際に、選択のポイントとなる点は

  • うにの種類や産地ごとの味の違いを把握すること
  • 日持ちさせたいか、新鮮なものを食べたいか
  • 贈り物として使いたい場合におすすめのうに

以上の3点から、あなたにぴったりのうにを選びましょう!

うにの種類や産地ごとの味の違いを把握しておこう

国産のうにのほとんどは北海道や東北地方で水揚げされたものです。

産地別に味の違いがはっきりとしており、今回はバフンウニを例に違いを紹介。

  • 根室産バフンウニ・・・甘みが強い
  • 北方四島産バフンウニ・・・食感がしっかりとしています
  • 落合産バフンウニ・・・濃厚な味わい

次に、種類別での味の違いです。

食用として食べられている種類は、実は「ムラサキウニ」か「バフンウニ」の2種類が大きく占めています。

  • ムラサキウニ・・・やや白っぽい身をしていることから、一般的に「白うに」と呼ばれています。淡白な味わいで爽やかさがあります。食べ飽きることなく、量を食べることが出来ます。
  • バフンウニ・・・小さな身が特徴で、とても濃厚な味わい。小さい実ですが、味がぎゅっと凝縮されているため、食べ応えは十分に感じます。また、オレンジ色に近い鮮やかな黄色で美しい見た目です。
それぞれの特徴を理解して、お好みのうにを見つけましょう!

日持ちさせたいか、新鮮なものを食べたいか

うにの販売形態は殻付きうに、板うに、塩水うにの3種類あります。

日持ちをさせたい場合は、板うにがおすすめ!

消費期限は平均して5~6日程度。

ミョウバンを使うことで形を保つため、整っており美しい見た目です。

また、防腐剤の効果も期待できます。

ミョウバンは体に害はもたらしませんので、ご安心を!

次に、新鮮なものを食べたい場合は、殻付きうにがおすすめです。

未加工なので、うに本来の味わいを楽しめます。

ただし、消費期限が短いため届いた当日、遅くとも次の日には食べきる必要があります。

うには解凍時に溶けてしまうので冷凍保存ができません。

食べきれない場合は、パスタソースなど加熱加工をしたうえで冷蔵保存しましょう!

贈り物なら化粧箱に入っているうにがおすすめ

化粧箱に入ったうには特別感、高級感を感じられるので贈り物にぴったり!

また、うにの中でも高品質のものを選りすぐられている商品ばかりなので、ワンランク上の味わいを感じられるでしょう。

中にはミョウバン不使用の商品もあります。

ミョウバン特有の渋みがないのでうに本来の甘みを堪能できます。

また、価格は7,000円~10,000円が相場のようです。

高級な価格設定のため、特別な贈り物におすすめですね。

-グルメ通販

Copyright© ミラノマガジン , 2022 All Rights Reserved.