グルメ通販 飲食店

ミラノマガジン厳選!おすすめの和菓子を紹介

和菓子の選び方がわからない!

ギフトに和菓子を送りたいけど、失敗したくない!

季節ごとの味わいがある和菓子。

今では通販を利用すれば、遠くの有名和菓子店のものでも購入可能!

今回は通販でおすすめの和菓子3点と、和菓子の選び方のポイントをご紹介します。

 

おすすめの和菓子を紹介

四季の十二撰 ひとくち上生菓子詰合せ

一口サイズの上生菓子12個入り、送料無料・税込2980円です。

日本三大菓子処である松江の技術を受け継いだ老舗和菓子店・福田屋による、冬の上生菓子を色とりどりに詰め込んだ、見た目にも楽しい上生菓子。

通常のサイズの半分~2/3の大きさなので、ちょっと甘いものが欲しい、何種類か食べたいという時にピッタリです!

小ぶりサイズになる分、美しい見た目に仕上げるのには技術力が必要ですが、味にも見た目にもこだわって作られています。

四季それぞれで内容を変更して販売しているので、季節ごとの楽しみにもなるでしょう。

今回ご紹介の画像のお菓子は冬限定なので、気になった方はお早めに!

蓋を開けた時の華やかさも、季節感もあるのでギフトにも最適です。

冷凍で届くので、配送途中で形が崩れる心配もありません

公式サイトはこちら

 

七転八起5個みなくち5個しるべ5個カクテル5個こうしん5個

 

5種類の和菓子詰め合わせ、送料無料・税込5454円です。

明治10年に滋賀県に創業、地域の和菓子店として親しまれているお店で、1つ1つ丁寧に作っています。

詰め合わせの内容は、七転八起5個、みなくち5個、しるべ5個、カクテル5個、こうしん5個。

純和風の和菓子だけでなく、ラム酒やチョコレートを使った洋風和菓子まで、バラエティ豊かです。

様々な和菓子が味わえる種類の多さ美味しい味が好評だったというレビューが見られました。

賞味期限は短いもので14日間、長いもので30日間あり、さらに12時までの注文なら当日発送してくれる点もうれしいポイントです。

熨斗対応も可能ですので、ギフトにもおすすめです。

公式サイトはこちら

 

秋の味覚 栗きんとん 新栗 詰め合わせ

栗柿と栗きんとんのセット、送料無料・税込3730円です。

栗柿・栗きんとんが5個ずつ、詰め合わせになっています。

無添加・無着色、国産栗のみを使用している贅沢なお菓子。

異物混入を防ぐため、機械を導入している工程はありますが、その他は職人による手作りです。

機械で裏ごしをすると均一にできますが、栗のほくほく感はなくなってしまいます。

手作りだからこそ出せる粒々の食感を楽しめます。

栗きんとんは1つずつ茶巾絞りにし、柿栗はさらにひと手間を加えています。

干し柿に栗きんとんを詰めたのが柿栗。

その干し柿が最高級干し柿の市田柿で、栗との相性が抜群なのです。

レビューを見てみると、「干し柿のしっとり感と栗のほっこり感がマッチしている」「それぞれ単体でも美味しいけれど、一緒に食べるともっと美味しい!」という声がありました。

1個ずつ包装されているので乾燥しにくく、商品発送日より14日間日持ちします。

お歳暮などの節目のギフトにも使いやすいよう、メッセージカードが6種類から選べ、熨斗対応も可能です。

公式サイトはこちら

 

和菓子を選ぶときのポイント

ポイントは3つ。

用途内容量種類です。

洋菓子の焼き菓子・生菓子のように、和菓子にも日持ちするものとしないものがあります

何人で食べるのか、いつ食べるのかなど、考えて選びましょう。

用途で選ぶ

自宅用、ギフト用、手土産。

どの用途で購入するのか、明確にしましょう。

自宅用であれば、好きなお店・好きな種類の和菓子を選びたいですね。

上生菓子の場合、形が崩れやすいので持ち運びには注意しましょう。

ギフト用の場合、贈る相手の好みを把握し、上品で高級感のある見た目の物を選びましょう。

この後解説する「内容量」にも関係しますが、相手が貰って困らない量でないかも忘れないように!

手土産用の場合、華やかでおしゃれなものがおすすめです。

話題性のあるお店や和菓子が喜ばれるでしょう。

内容量で選ぶ

内容量や賞味期限もしっかり確認!

例えば届いたその日が賞味期限で、しかも食べきるのが大変な量だったら、受け取る方は困ってしまいます。

自宅用の場合でも賞味期限内に食べきれる量かを確認し、最後まで美味しく食べられるようにしましょう。

種類で選ぶ

和菓子には、生菓子・干菓子・半生菓子と3種類あります。

生菓子半生菓子の違いは、加熱の度合いではなく、水分量。

水分量が30%以上のものを生菓子、10%以上30%未満のものを半生菓子と定義づけされています。

ですので、見た目は同じような羊羹でも、お店によってどちらに分類されるのかがかわることも。

日持ちの面では、水分量が少ない半生菓子の方が日持ちします。

代表的な生菓子には、おはぎ、ういろう、どらやきなど。

半生菓子には、鹿の子、桃山、石衣などが挙げられ、羊羹と練切はお店によってどちらに分類されるかが変わるようです。

 

干菓子は日持ちがしやすく、親しみやすいお菓子もあります。

一方、高級和三盆で作られた落雁のように高級なものも。

代表的な干菓子には、落雁、あられ、煎餅、ボーロ、飴などが挙げられます。

-グルメ通販, 飲食店

Copyright© ミラノマガジン , 2022 All Rights Reserved.